大人の歯列矯正指南

保定期間もあることを知っておこう

歯列矯正における保定の重要さを知ろう

何事にもメンテナンスは重要だと考えられますが、歯列矯正においてもそこは同じです。
矯正期間が終わったらはいおしまいというわけではないのです。
矯正を行っても、歯は元に戻ろうとする力が働きます。これを後戻りといいますが、歯科矯正では後戻りを防ぐ保定という作業がとても大切になってきます。

保定期間は1~2年かかりますので、そこも計算に入れておきましょう。

保定においても、リテーナーという器具を装着して行います。リテーナーも透明で取り外しは自分で自由に行うことができます。
矯正後の位置で固定するための器具なので、矯正器具よりも違和感などはありません。
夜間にだけつけておけばOKです。

保定期間中も歯科医院に通院してチェックを行っておきましょう。

大人の歯列矯正で気を付けたいポイント

歯列矯正は、大人になってからでは特に、個人個人で治療期間が変わってきます。
通常、かかる期間は1年から3年、保定には1年から2年ほどとなりますが、時間がかかるケースもあります。
一番の原因は保定を怠ることです。
大人の場合は子どもよりも歯の後戻りが強く出るので、保定の重要さが増します。
大人の歯列矯正で気を付けたいポイントです。
リテーナーをきちんとつけておかないとまた矯正のやり直しとなってしまうのです。
忘れずにつけておくようにしましょう。

ワイヤー矯正においては、歯磨きにコツがいります。
そのため、油断をしていると矯正をしている間に歯周病や虫歯にかかってしまうことがあります。
歯磨きに30分くらいの時間がかかるとみて、丁寧に、一日に3回は必ず歯磨きをしておくようにしてください。