大人の歯列矯正指南

便利な歯列矯正の方法

目立たない歯科矯正がある

今の時代は際立たない矯正が増えてきました。

歯科矯正では銀色のワイヤーの矯正器具をつけて行うものが一般的です。
子どもの矯正でもよく見かけるものですね。
見た感じ、目立つな、と思ったかもしれませんが、ワイヤー矯正のなかでも歯の裏に矯正器具をつけるものもあります。食事後に汚れやすいのが難点ですが、裏側矯正は装着していることが極めて分かりにくくなります。

歯科医にかかると費用や期間の相談が可能なことが多いです。
大人ですとあまり矯正が目立つのも嫌だな、と思うことが多いですが、これなら安心ですね。

期間、総額を鑑みても、ナンバーワンなメジャーな治療法といえます。
ワイヤーのなかでも銀色ではなく、目立ちにくい白色のものもあります。

透明な歯列矯正がある

マウスピースを使う矯正もあります。
用途も見かけも違いますが、ボクシングで見る器具ですね。歯科矯正でも使います。
マウスピースは透明なのでつけているのがほぼわかりません。
食事と歯磨きのときは着脱できます。
自分で自由にできるので掃除もしやすく、利便性の高い歯科矯正といえます。

これは動かしたい歯列になるまで、マウスピースを徐々に取り替えして整えていくといった方法となります。
こまめな移動といえるので、大きく移動させたいという時は不向きです。
気を付けましょう。

歯列を大きく動かせないというデメリットはありますが、その分前歯の数本を整えたいといった部分矯正には向いています。ワイヤー矯正がよく取り入れられますが、マウスピースでも可能です。
部分ですので、矯正の期間も短めですみます。