大人の歯列矯正指南

大人の歯列矯正は大変か?

歯科医院にて相談をしに行く

歯列矯正を自力でやるわけにはいかないので、歯科医院に相談をします。
大人になったら門前払いになるわけではなく、治療方法を明確にしてくれます。

そこまでの流れを把握しておくと安心ですね。
主に、口腔内の検査、治療方針の決定、矯正器具の制作開始などがあります。
時間は少しかかりますが、きちんとやっておくべきところです。
この際、大人ということであごの骨や歯が固まっているので、ケースバイケースですが、抜歯を行うこともあります。
大人ですと、歯の収まる行き場がないので、必要な処置になることがあるのです。

人によるところですが、矯正器具の装着の前には虫歯の治療も行います。
装着後ですと治療も面倒になってしまいます。

こうした治療を全部行うと、数か月かかる時があります。

大人の歯列矯正における治療期間は

社会人として働いていると、矯正にどのくらいの時間と費用がかかるのかは気になるところです。
目立たない方法があるとはいえ、あまり長くかかるのも…と思うのが一般的ですね。
できればなるべく短い期間で終わりにしたいです。
費用としては、60から100万くらいを目安としておきましょう。

歯並びの程度にもよりますが、一般的なワイヤー矯正では表につける方法では1~3年かかるものが目安です。裏側に装着する場合は3年くらいとなり、少し時間がかかるとみて良いです。

歯列矯正の程度が軽い場合に行うマウスピース矯正では、1年から2年程度となります。部分的な矯正の場合は短くてすむでしょう。

歯列矯正の器具を装着したあとは、そのままでいいわけではなく歯科医院に通院して定期的に検診を受ける必要があります。
期間が経過していくと頻度は減りますが、通院の手間も考慮しておきましょう。